スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道放浪の旅②

●6月22日  【旅3日目】

昨晩の金縛りで夜中に目が覚めてから朝まで電気をつけっぱなしで寝てしまい目が痛い。

そして早々と着替えホテルをあとにし、次は小樽へ向けて出発。

途中、釣り具屋があったので情報収集のため立ち寄ってみた。

もともと今回は釣りはまったくメインに考えてなかったので、こっちに来る前に北海道の釣りに関しての情報はまったく調べていなかったので店員さんに聞いてみてショック。

北海道は釣りをするのに入漁料がかかるのはほんの一部で、自然の川などはほとんど入漁料がかからず釣りができるらしい。

しかもイトウ、アメマス、サクラマス、レインボー、オショロコマなどポイントや釣り方さえ外さなければ結構な確立で釣れるらしい。

それを聞いて地元の漁協や釣り場の現状と比較したら、まるで天国のよう。

さすがにそれを聞いて体がうずいたので少し道具を買い足し、旅の途中立ち寄って何かしら結果を出そうと決意。


そしてまた国道を走らせ小樽に到着。
P6220702.jpg
小樽運河、写真で見たよりノスタルジックで良い感じの雰囲気。

いろいろと観光を楽しむ予定だったのだが、中学生の修学旅行シーズンとぶつかってしまい街は中学生だらけ。

街中をひとり散策してお腹すいたので海の幸を食べることに。
P6220708.jpg
海鮮丼。  振り返ってもこの旅で食べたもので一番美味かった。


そして小樽をあとにし、旭川方面に向かって出発。

途中、やけにどこまで進んでも直線の道が続くと思ったら日本一長い直線道路でした。
P6220709.jpg
写真じゃ分かりにくいけど、約30kmどこまで進んでもほんと真っ直ぐ。

こんな直線道路走ったことがないので、こんな道があるんだとここでもまた北海道の広大さを体感。

そして走るだけ走って日が暮れたので旭川の手前の道の駅でこの日は停泊。

夕飯は道の向い側に小さいラーメン屋があったのでそこで食べながら情報収集。

ちょうどお客さんがいなかったのでラーメンを食べながらそこのお店のオバサンが色々なことを教えてくれた。

宗谷岬を目指すと話したら「行っても何もないよ。せいぜい写真撮るくらいだよ」とあっさり言われてしまい、どうやら北海道の人は函館や札幌などが旅行で人気らしい。

道の両脇に等間隔に並ぶ矢印の標識も冬に路肩の境界線を区別するものと教えてもらい。

ついでに北海道をまわるおススメのコースも教えてもらった。

今回の旅で改めて感じたけど、まず自分のことを知る人が居ない見知らぬ土地で自分から話しかけていかない限りは何も人と接点がないまま時間が過ぎてしまうこと。

自分から積極的にコミュニケーションを取っていく大切さを感じ、この日から積極的にコミュニケーションを取っていくきっかけになった。




●6月23日  【旅4日目】

車の中で寝ていたらグラグラ大きな揺れで目を覚ます。

どうやら東北で震度5弱の地震があったらしい。  無事に何事もなく帰れればいいが。

予定では旭川を目指す予定だったのだけど、昨晩のラーメン屋のオバサンのすすめもあり、留萌から日本海側へ出て海岸線を走って稚内を目指すことに。

けっこう時間かかるのかと思いきや直線道路が多いのであっという間に日本海側へ。
P6230717.jpg
途中雨が降ってきてしまい残念ながらどんよりしていたものの、右手は山や崖、左手には日本海、そしてこの信号の無い一本道が延々と続くのがすごく印象的だった。

不思議な感じ。言葉にならないような静かな時間。 この稚内までの海岸線の道がこの旅で一番印象に残った時間でした。

途中、道の駅で風呂に入り、みさき台公園で一望。
P6230737.jpg
ほんとにずーっと向こうまで広大な土地が広がっていた。

さらに途中走っていると黄色い花畑が突然現れた。
P6230742.jpg
とにかく広い。  なにもない、誰もいない、ほんと静かな気持ち。

ずっとここ数年複雑に絡み合っていたものが徐々にひも解けていき、点と点がひとつずつ繋がっていく。

塞がれていたものでずっと苦しかった。仮面をかぶっていた。どこか孤独だった。どこか満たされないでいた。

ありのままでいいんだ。感じたままに笑ったり怒ったり泣いたりすればいいんだ。


そして夕方には稚内に到着。

堤防の内側がなんか洋風なすごいつくりになっていた。
P6230753.jpg
一番北の街なだけあって漁港の周辺もどこか寂しげな雰囲気。

夕暮れのせいか、雨のせいか、だいぶ遠いとこまで来たなと実感。

そして日が暮れたので近くの料亭でまた海鮮定食を食べて漁港の近くの駐車場で停泊。

館林は39度の猛暑のこの日、こっちは上着を着ても肌寒いという温度差。

寝袋に深くもぐりながらこの日は就寝。



つづく。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

こーたろー

Author:こーたろー
●バス釣り大好き。 
メインフィールドは多々良沼、近藤沼、渡良瀬川。

●FUNNYなんチャラ Gr担当
●オリジナルCD『World Day Diary』
4曲入り¥300にて販売中☆

好きな食べ物はカレーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。